• ホーム
  • 間違ったメイク落としで肌を痛める前に

間違ったメイク落としで肌を痛める前に

スキンケアをする女性

どんなに自分の肌に合っているコスメを選んでも、間違ったメイク落としをしていれば肌を痛めることになります。
肌を痛める前に、間違ったメイク落としは改善しましょう。
メイク落としが肌を痛める原因になりやすいのは、クレンジングは刺激が強いものが多いためです。
洗顔料でも間違った洗顔で必要以上のダメージを与えるのに、クレンジングは洗顔料よりも汚れを落とす力が強く、刺激が強いので注意が必要です。
また、ポイントメイクについては専用のクレンジングを使って取っておくのが基本です。
同じもので全てを落とそうとすると無理がありますので痛める原因になります。
クレンジングをするときにマッサージするように落とすという方も痛める原因になりますのですぐに止めましょう。
オイルタイプのクレンジングは洗浄力が強いですから、汚れを馴染ませて落としたら、なるべく早くすすぐように心掛けましょう。
基本は一分以内です。
クレンジングはタイプによって刺激の強さが違います。
クリームタイプのほうが少ない刺激でメイクの汚れを音酢ことができます。
温めることで汚れを落としやすくなりますので、手のひらでクリームを温めてから肌に乗せると良いです。
たっぷりの量でこすらないように優しく馴染ませて汚れを落としましょう。
ごしごしするとよくありませんので、時間のないときのクレンジングには向きません。
クレンジングもメイクの状態や使える時間などを考慮に入れて使い分けることが大切です。
また、クレンジングを済ませたら、なるべく早く保湿することが大切です。
クレンジング後に洗顔料を使っての洗顔をしてダブル洗顔を済ませたら、なるべく早く保湿をしましょう。
クレンジングも使い分けが大切です。
メイクが薄いときにはクレンジングもできる洗顔料などワンアイテムで済ませることができるコスメを使うなど、肌に負担をかけないものを使うと良いです。