• ホーム
  • 美容医薬品と市販の美容化粧品との違い

美容医薬品と市販の美容化粧品との違い

肌の問題を考えている女性

美容医薬品と、気軽に購入ができる美容化粧品には、どんな違いがあるのか、気になる人も多いことでしょう。
美容医薬品と市販の美容化粧品の違いですが、法律に基づいて分類されています。
医薬品と呼ばれているものは、薬のことを指しています。
医師による処方が必須であり、使用することにより効能や効果があるものです。
効能や効果が認められているものの、予防というレベルなのが、医薬部外品になります。
医薬部外品になると、医師による処方の必要性がありません。
そのため、ドラッグストアなどでも医薬部外品の化粧品を見つけることがあるはずです。
美容化粧品というもののカテゴリーは、スキンケアアイテムやメイク用品だけではなく、シャンプーや石けんなども分類に含まれます。
美容医薬品とは違い、こちらも医師の処方は関係ないため、普通にドラッグストアやデパート、ネット通販でも、気軽に購入が出来ます。
そんな中で、薬用化粧品というのを目にする機会もあります。
医薬部外品や医薬品などに配合されていて、効能や効果を認められる成分を、有効成分と言っています。
代表的な、よく知られている美容有効成分で言えば、ヒアルロン酸やトラネキサム酸などがあります。
医薬品のような強烈な効果はないにしろ、薬用化粧品を使用することにより、症状を予防したり緩和したりすることのできる成分が、含まれていることになります。
有効成分を含んでいる薬用化粧品を使用するからといっても、オールマイティに全員が効果を感じるものでもないです。
しかし、一般的なスキンケアアイテムから、切り替えて試しに使ってみるのも良いでしょう。
成分的にも優れた配合となっていますから、当てはまる肌悩みがあったら、取り入れてみるのもひとつの方法です。